新しい瀬戸内海の楽しみ方

新しい瀬戸内海の楽しみ方

サイクリストには絶対のおすすめ!
「ONOMICHI U2」で瀬戸内を満喫

自転車に乗ったまま
チェックインできるホテル

しまなみ海道の本州側の起点、尾道にあるサイクリストフレンドリーなホテルを基軸とした複合施設。

 しまなみ海道の本州側の起点となる尾道にある、「ONOMICHI U2」(オノミチ ユーツー)は、サイクリストにとって便利なだけでなく、瀬戸内の魅力に触れられる複合施設。

 1943年に竣工した海運倉庫の「県営上屋2号」を、耐震補強を施しリノベーション。「ホテルサイクル」はゲストオンリーだが、かつての倉庫の造りを生かした仕切りのない広大な空間に、レストランやベーカリー、ライフスタイルショップ、自転車のプロショップなどが入っている。

「ONOMICHI U2」内にある「ホテルサイクル」館内。尾道にまつわる建材を使用。

 内装に使われている建材は鉄・石・木が中心。これは、造船業の街であることから“鉄”、周囲に岩山が多く、かつては石工職人も働いていたという言い伝えから“石”など、シャープなデザインの中にも尾道らしさが込められているのだ。

自転車に乗ったままチェックインができるレセプション。

 この「ONOMICHI U2」の主軸となっているのが、「ホテルサイクル」。その名のとおり、導線や装備、スロープなど、サイクリストの利便性を考慮したホテルだ。自転車に乗ったままチェックインができ、ベッドから壁にかけた自分の愛車を眺めながら眠りにつく……。自転車好きにとっては夢のような時間が過ごせる。

壁のハンガーに愛車をかけて、ベッドから眺めるのもオツ。
アメニティが充実し、機能性に富んだバスルーム。

 機能性を重視した、ダーク系の色調の客室は全28室。アクセントのように、デニム素材のルームウエアや備後絣のスツールなどが用意され、シックなデザインにも尾道らしさをひとさじ加えてある。

<次のページ> バーのスツールは何とペダル付き!

2016.12.25(日)

文・撮影=古関千恵子

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ