いつでも食べたい台湾のかき氷

いつでも食べたい台湾のかき氷

ミルフィーユがのった新食感かき氷は
行列してでも食べたい台湾の新名物

 日本では「冬でもかき氷」はここ何年かのブームだけど、南国台湾では昔から通年で愛されているスイーツ。冬が旬のフルーツや、自家製トッピングが楽しめる間違いのないお店をご紹介。

» 第1回 旬のフルーツがたっぷり「小時候冰菓室」
» 第2回 黒砂糖をブレンドしたオリジナル氷「黑岩黑砂糖」
» 第4回 創業42年を迎える老舗食堂「政江號」

◆ 震湶雪花冰
(ジェンチュエンシュエファーピン)

千層水果 130元。ミルフィーユのっけ フルーツたっぷりかき氷 ハチミツ付き。

 2016年5月のオープン以来、開店前から行列のできる人気店。オーナーの“スイーツ男子”李さんは医療関係に携わっていた経験から、ヘルシーなものを提供したいと素材にもこだわり、ミルフィーユやフルーツジャムなども手づくりを心掛けている。

 牛乳入りのかき氷はなめらかな口当たりで、アイスクリームのよう。旬のフルーツと、サクサクのミルフィーユを混ぜながら食べると新食感が楽しめる。

震湶雪花冰
(ジェンチュエンシュエファーピン)

所在地 新北市板橋區忠孝路126號
電話番号 02-2959-6330
営業時間 13:30~22:00
定休日 月曜
※カード利用不可

<この記事の掲載号>

CREA 2017年1月号

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

定価780円

2016.12.11(日)

撮影=鈴木七絵

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年1月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ