発酵生活研究家 栗生隆子のナチュラルライフ

発酵生活研究家 栗生隆子のナチュラルライフ

外の土汚れを落として清潔をキープ!
玄関・ベランダをナチュラル洗剤で大掃除

年末は“ナチュラルクリーニング”で
家じゅうをピカピカに

 年末の大掃除はもちろん、毎日の掃除を憂鬱な気分でやりたくない! それならちょっと目線を変えて、ナチュラルクリーニングを実践してみませんか? 地球環境にもやさしい素材を使った、エコ掃除。部屋がきれいになる上に、ちょっといいことをしている気分になれるかも。

 ナチュラルクリーニングで使うのは、市販されている重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸。このほか、お米や柑橘類を使って「お米の発酵水」「柑橘発酵水」を作る方法もあります。

»「重曹水」「セスキ炭酸ソーダ水」「クエン酸水」の作り方
»「お米の発酵水」「柑橘発酵水」の作り方
»「重曹+クエン酸の発泡水」の作り方

 今回は、このナチュラル洗剤で玄関・ベランダを掃除する方法を紹介します。

土汚れをきれいに掃除し
お部屋への出入り口を気持ちよく

 玄関・ベランダはほこりや外の土汚れが目立つ場所。玄関は帰ってきたときに汚れていると、気分も下がります。ベランダは洗濯物や布団を干す場所でもあるので、やはり清潔にしておきたいものですが、日常ではなかなか手が回らないという人も多いはず。

 「玄関周りのほこりや土汚れを落とすには、お米の発酵水(3とぎ水)で十分です。香りを楽しむために、お米の発酵水にアロマオイルを入れてもいいでしょう。ベランダは砂ぼこりや排気ガス、花粉などの汚れが付着しています。また雨による水あかや鳥の糞も気になります。酸性とアルカリ性の汚れが混ざっているベランダは、重曹+クエン酸の発泡水で落とすのが効果的です」(栗生さん)

●たたき
靴に着いた土汚れが付着しやすい玄関のたたき。お米の発酵水(3とぎ水)をスプレーして拭き取りましょう。どうしてもとれない泥汚れがあれば、重曹をかけてこすります(ただし大理石にはNG)。

気持ちよく出入りできるよう、お米の発酵水で玄関をピカピカに。

●靴箱
お米の発酵水(3とぎ水)をスプレーして拭き取ります。臭いが出やすい場所なので、お米の発酵水にアロマオイルを加えるのもおすすめ。重曹を靴箱に入れておくのも消臭効果があります。

お米の発酵水(3とぎ水)で拭き取り&消臭を。

●玄関ドア
お米の発酵水(3とぎ水)をスプレーして拭き取ります。手あかが気になる場合は、セスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭き取りましょう。

玄関ドアは、お米の発酵水(3とぎ水)やセスキ炭酸ソーダ水で。

●ベランダ
手すりは重曹+クエン酸の発泡水をスプレーして拭き取ります。床は掃いてゴミを取り、重曹+クエン酸の発泡水をスプレーしてブラシでこすります。

外気のさまざまな汚れには、重曹+クエン酸の発泡水を使用。

●植木鉢
お米の発酵水(3とぎ水)をスプレーして拭き取ります。どうしてもとれない泥汚れがあれば、重曹をかけてこすります。

ふだん掃除しない植木鉢は大掃除のときにキレイにしよう。

発酵生活研究家 栗生隆子(くりゅう・たかこ)
自然の暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年患った腸の病気が完治。講演や執筆活動で発酵の楽しさ、素晴らしさを伝えている。1万2000人以上のメンバーが集うフェイスブックグループ『TGG豆乳ヨーグルト同好会』管理人。著書に『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人! 』(マキノ出版)、『体も家もピカピカになる「お米の発酵水」』(扶桑社)ほか。http://ameblo.jp/cafe-baum/

2016.12.26(月)

文・取材=垣内栄
撮影=深野未季

同じテーマの記事

もっと見る

LIFE_STYLE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ