新しい瀬戸内海の楽しみ方

新しい瀬戸内海の楽しみ方

瀬戸内海の美しすぎる島なみを
水陸両用機に乗って空から堪能!

村上海賊のストーリーは「日本遺産」

島なみの美しさを満喫するメソッドのひとつに、2016年夏、水陸両用機を利用した遊覧飛行が加わった。

 山を抱いた島々が折り重なるように続く風景を、“山なみ”ならぬ“島なみ”と呼ぶそうだ。

 瀬戸内の島なみは潮の流れを複雑にし、船の引き波が海面に長くのびる穏やかな時もあれば、激しく引き込む渦潮が生まれる時もある。さらに、見る角度や高さによっても印象が変わり、それはまるで万華鏡のようで、眺めるたびにハッと心が掴まれる。

『村上海賊の娘』の景姫ゆかりの能島。小説を読んだ後だと、なおさら感慨深い。

 古代から、この海に君臨していたのは、村上海賊。海賊というと、金品を奪うタチの悪い輩と思いがちだが、村上海賊はまったく異なる。

 一筋縄ではいかない複雑な海流を熟知している彼らは、船舶の航行の安全を確保し、交易の秩序を守ることが使命。戦国時代には歴史の表舞台にも登場し、その豪快な活躍ぶりは和田竜の小説『村上海賊の娘』でも知られるところだ。そして、この村上海賊のストーリーは文化庁の日本遺産にも認定されている。

 そんな瀬戸内の海を満喫するおすすめの方法、まずは空から!

海でも、陸でも、離発着できる水陸両用機。瀬戸内のような地形にぴったり。ちなみに広島空港からの送迎もオンリクエスト。

 2016年8月、広島県尾道市にあるオノミチフローティングポートで、日本で半世紀ぶりに水陸両用機による遊覧飛行がスタートした。1回50分間のフライトが1日3~4便。瀬戸内のように島々が多いエリアでは、フレキシブルに離着水できる水陸両用機がぴったりなのだ。

オノミチフローティングポートのチェックインカウンター。搭乗手続き時、体重計測も……。

 近未来的デザインのオノミチフローティングポートでチェックインし、マリーナを見渡すラウンジで搭乗待ち。その後、保安検査室へ移動。荷物チェックや搭乗に関する注意点のショートムービーを観たのち、海に浮かぶクエスト・エアクラフト社のコディアック機に乗り込む。4点シートベルトとヘッドホンを装着。ヘッドホンを通してのキャプテンの挨拶の後、いよいよ機体が動き出す。

<次のページ> 高度の低さとゆったりした速度が魅力

2016.12.02(金)

文・撮影=古関千恵子

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ