マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

キューバはおいしいのだ! Vol.3
ビールと共に海岸で食べる豚肉炒飯弁当

キューバ人向けのローカルなレストラン

 「キューバはおいしいのだ! Vol.3」は、ローカルな民営レストラン(パラドール)とを紹介したい。

前回前々回の2回にわたって、モダンなパラドールを紹介してきた。

 しかしそれらは皆、観光客向けであり、おそらく一般的なキューバ人は、一生訪れることがない店である。

 今回の紹介は、キューバ人向けのパラドールである。

プラヤ・デ・サンタマリア海岸へは空港からタクシーで。

 まずは観光客が皆無のプラヤ・デ・サンタマリアという海岸に行ってみよう。空港から30分ほど車で走ったところにある海岸である。

 ちなみに私は、空港に降り立ったその足でタクシーで向かったが、運転手に海岸で「カヒータ(弁当)」を食べにいくと伝えたら、「そんな観光客は聞いたことがない」と、大笑いされた。

 地元の人たちだけで賑わう海岸は、さしずめ鵠沼海岸といったところだろうか。のったり、のったり時間が進んでいる。みな笑顔で、心を真っ直ぐ座らせている。

 そこにはいくつかの簡易食堂があって、カヒータを売っている。

プラヤ・デ・サンタマリア海岸の簡易食堂の弁当屋。

 炒めた御飯の上に、焼いた豚がドンと乗っているのは「Lechon Asado」、小間切れの豚肉が乗っているのが「Bistec de Cerdo Grille」である。

 共に約35ペソ。約200円(キューバは二重通貨で、同じペソ値段でも、街中と田舎、地元人と観光客相手の店では、表記の内容に差がある)。冷えたビールを買い、立って食べた。

 世界中のこのような屋台で売られている屋台食に共通するのは、味が濃い、辛いという、インパクトがあるものだが、この弁当「カヒータ」は違う。

こま切れの豚肉が載った「Bistec de Cerdo Grille」。

 味付けが淡い。まったく辛さや刺激がないのである。ピラフを炒めた油はなんだろうか? まったくもって油っぽくないのである。

 豚1枚、炭火焼の香りに富んだやつもいいが、Bistec de Cerdo Grilleのほうがいい。醤油味のない叉焼といった風情で、御飯が進む。

<次のページ> キューバにある4種類の国営ビール

2016.12.08(木)

文・撮影=マッキー牧元

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ