今日の絶景

今日の絶景

ドナウ河畔に立つ「漁夫の砦」から
古都ブダペストの絶景を堪能する

Magnificent View #1142
漁夫の砦(ハンガリー)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 世界で一番美しい砦と言われているのが、ハンガリーの首都ブダペストにある漁夫の砦。

 名前こそ砦とついているが、外観はメルヘンチックなお城そのもの。それもそのはず、ここは建国千年祭における市街美化計画の一環として1902年に完成した建物なのだ。その名の由来は、中世、ドナウで漁をする漁夫たちがこの場所を守っていたためとも言われている。

 白亜の砦は、7つの塔と回廊からなる。先端が尖った塔は、ハンガリーを建国した遊牧民マジャール人のテントを、塔の数はマジャール人の7部族を表しているのだそう。

 ネオロマネスク様式の回廊の美しさもさることながら、ここから眺めるドナウ川の景色は格別。対岸に国会議事堂や聖イシュトヴァーン大聖堂などを一望する絶景スポットでもある。

2016.11.15(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ