「CREA」今月号の見どころ

「CREA」今月号の見どころ

ギフトシーズンにはこれさえあれば!
CREA12月号は「贈りものバイブル」

 おいしいもの、ファッション、ビューティ、インテリア……贈りものの季節に毎年好評の一冊が今年も登場! 思わず自分にも買いたくなるようなアイテムが目白押しです。47都道府県の話題の手みやげリストも必見ですよ。

今年の“肉ギフト”には、ローストビーフが正解!

大吉商店の近江牛プレミアローストビーフ。霜降りが美しいです。

 今年もおいしいものを様々取材してきました! 注目は肉マニア3人のおすすめ肉ギフト。中でも、ローストビーフはホームパーティに持参すれば場が華やぎますし、切るだけという手軽さも嬉しいポイント。撮影では厳選した4種のローストビーフを食べ比べましたが、味付けはもちろん、脂のノリや歯ごたえに個性があって、見事に異なるのに驚きました。誌面で見比べて、好みのものを取り寄せてみてくださいね。(編集S) » 目次をみる

メンズギフトに困ったら、こんなアイテムはいかが?

職人が手作業で仕上げる愛らしいルックスは、他には変えられない逸品。

 男性から贈られることはあっても、自分から贈りものをする機会は少ないのでは? 男性って凝り性なので、何をあげたらいいか迷いがちですよね……。そんな悩める女性に朗報です。本当に男性が欲しい、センスがいいと思われる逸品を、デザイナーの尾崎雄飛さんが選出。身に着けるものから、ガジェット、雑貨まで本当にセンスのいいアイテムが勢揃いです。画像のサイは、なんとオットマン……。これ、ほしいの? と思った方、理由は紙面で!(編集Y) » 目次をみる

センスのよい花束を選びのキーワードは「白」

奥渋谷の細い路地にある小さな花屋「trefle」にて撮影中。

 花束を贈る機会は数あれど、いつも似たようなカラーの華やかな花束になりがち……と気になっている人も多いのでは? そこでCREAがおすすめしたいのが、白のワントーンの花束。白の花束は花の種類によって、また、グリーンをどのように組み合わせるかによって様々にイメージを変えられるので、贈る相手にあわせて個性的な花束を贈ることができます。個性的なお店もどんどん増えているので、お気に入りのマイショップを見つけて!(編集M) » 目次をみる

和の道の達人が選ぶ、究極の手みやげ和菓子6選

大阪にある「餅匠 しづく」のフランボワーズ大福。この美しいピンクは無農薬のビーツを使って染めた色。

 茶道や香道、日本美術など、和の道に精通した6人の方々に、本当は内緒にしておきたい、お気に入り和菓子を教えてもらいました。目上の方への手みやげや、ここぞのときに知っておきたい和菓子。老舗のよいもの、おいしいものが多いだけに、セレクトが難しいですよね。日頃から贈りなれている達人達が推薦する品々は、正統派なのに新しい発見のあるものばかり。一味も二味も違うハイレベルな和菓子をご堪能下さい。(編集K) » 目次をみる

雑誌を購入する

編集部員が最新号の見どころをtweet中!

 CREA編集部員が、取材裏話のほか、連載の見どころなどをツイッターで発信中です。#crea_editを付けてのCREAへの応援メッセージもお待ちしています!

<この記事の掲載号>

CREA 2016年12月号

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

定価780円

2016.11.04(金)

photographs=Tamon Matsuzono、Shin Hamada、Hirofumi Kamaya

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ