今日の絶景

今日の絶景

21世紀を迎えた今なお開発が続く
横浜ウォーターフロントの新都心

Magnificent View #1117
みなとみらい(神奈川県)

(C)Rudy Sulgan / Masterfile / amanaimages

 横浜のウォーターフロントで美しい姿を見せる、みなとみらい。70階建ての超高層ビル「横浜ランドマークタワー」や、複合商業施設の「クイーンズスクエア横浜」、大観覧車の「コスモクロック」などが立つ、横浜新都心だ。

 今でこそ近代的な建物が並ぶここも、かつては海だった。横浜市が誕生した明治後半から大正時代にかけて大規模な埋め立て工事が行なわれ、一帯は造船所として発展。

 だが、横浜駅周辺とビジネス街である関内の中間地に位置していたことから、「横浜が分断され、街全体の発展を妨げている」という声が盛んに。ここを再開発して新たに街を造る計画が上がり、造船所は他の地へと移転した。

 再開発は1983年に始まり、90年代に入り徐々に建物がオープン。ビジネス街として発展するだけでなく、人気の観光地に。そして現在も進化し続け、さらなる施設のオープンが待たれている。

2016.10.21(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ