編集部員のお買い物白書

編集部員のお買い物白書

高級ブランドお直し専門店でお気に入りを復活

今回お買い物をした編集部員 温泉 (担当:書籍、音楽、犬など)
アラフォー独身、CREA編集部、唯一の男性部員。ハマっているのは料理とグルメ、男おばさん道まっしぐら。ファッションの趣味は“フツー”!? センスに自信がないので、定番アイテムに逃げがち。買い物のモットーは「迷ったら買う!」。

イタリアの某ブランド品。パリで店員にそそのかされて思わず購入。直す前は、完全に洋服に着られていた
こちらも同ブランド。ローマの本店でセールの文字によろよろと……。肩幅と袖が合わず、残念な感じだった

 はじめまして、CREA編集部の「緑一点」温泉です。CREA編集部員が買ったものを紹介するこの連載、読者はおそらく女性中心でしょうし、メンズの商品をただお見せするだけでは、つまらない! そこで、今回はちょっと変化球。

 写真のコートとジャケットは、どちらも昨シーズン海外で購入したもの。ウインドウショッピング中、一目ぼれして買ってしまったのですが、日本に帰って着てみるといまいちしっくりこない(読者のみなさんは、そんなことないですか? 私は海外で衝動買いして、痛い目見たこと数知れずです)。で、クローゼットで眠りかけていたのです。

 しかし、結構なお値段でしたし、何とかしたいと思い、洋服のお直し専門店で、納得いくものに直してもらったのです。

 かなりの痩せ体型なもので、これまで購入した海外ブランドの既製品も、肩幅や脇のシルエットに何となく違和感があったのですが、きちんと肩幅を調節して、脇を絞ってもらうと、着てみても気持ちいいんです。

 他にも袖の長さなども、思い通りにしてもらい、今シーズンはすっかりヘビーローテーションの一員に。ワイシャツも一緒に直してもらって、こちらもオーダーメイドで作ったような着心地になりました。

 今回、直してもらったのは「サルト」という、高級ブランド品のお直し専門店。男性誌では、よく紹介されているお店なんです。こちら昨年8月に、銀座店でレディースの専門フロアをオープンしたので、気になった人は、覗いてみてはいかがでしょう(事前に予約するほうがいいようです)。クローゼットのこやしが減るかもしれませんよ。

2012.01.19(木)

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ