中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

季節の変わり目のプチ不調をケア 
梨と豆乳でヘルシースムージーレシピ

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「梨」のマクロビレシピ

梨と豆乳のスムージー

 「梨」は日本(日本なし)や中国(中国なし)、欧州(西洋なし)が原産です。90%が水分でカリウムが多く、利尿を促すためむくみや二日酔いに効果があります。また食物繊維が比較的多く、便を柔らかくする糖アルコールの一種、ソルビトールを含んでいるため便秘解消にも効果のある食材です。

 昔から、肺を潤して咳や痰を鎮め、喉の渇きや痛みを癒すと考えられているので、季節の変わり目で風邪を引きやすい今の時期にはおすすめの食材です。今回は梨と豆乳を合わせたスムージーのレシピをご紹介します。

 梨は無農薬のものが手に入れば、ぜひ皮ごと使ってくださいね。皮ごと使うことにより甘みは抑えられますが、その分栄養価はぐんと高まります。生でいただくレシピなので、冷えが心配な方は自然塩を少々加えると良いでしょう。

» 旬の食材/「梨」の詳細

<次のページ> 「梨」のマクロビレシピ

2016.10.11(火)

文=中村恭子
撮影=秋元良平

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ