マレーシアごはん偏愛主義!

マレーシアごはん偏愛主義!

しこしこ美味なる玉子麺、ワンタンミー
コシを楽しむ「ドライ」をオーダーすべし

 マレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国、マレーシア。実はこの国、知る人ぞ知る美食の国なのです。そこでこの連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。多様な文化が融け合い、食べた人みんなを笑顔にする、とっておきのマレーシアごはんに出会えますよ。

麺好きならマレーシアに行こう!

 東南アジアの国々のなかで、なぜかまだ知名度の低い、われらがマレーシア。よく聞かれるのが「マレーシアってどんな料理が食べられるの?」という質問。数日かけてじっくり説明したいのですが、それも困ると思うので、ワタクシこう答えます。

 マレーシアは麺天国です! 麺好きなら、ぜひマレーシアへ!

 「ラクサ」「ミーゴレン」「チャー・クイティオ」「パンミー」「ビーフヌードル」など、バラエティ豊かなマレーシア麺の多くは、中国から渡ってきた料理。本場の味をマレーシア流に進化させ、味に深みを加えて。町のいたるところで食べられる美味なる麺料理は、マレーシアの誇りです。今回はその自慢の麺のなかでも、一度食べたら毎日でもいける、クセになるうまさの「ワンタンミー」をひも解きます。

シンプル・イズ・ベスト! 麺が決め手のワンタンミー

ワンタンミー専門店。香港などでも食べられている麺で、看板は漢字併記。ちなみにワンタンミーの「ミー」とはマレーシア語で麺のことだが、もともとは中国の客家語に由来するらしい。

 ワンタンミーとは、細めの玉子麺でつくる麺料理。スープとドライの2種あり、スープは、淡白な鶏ベースのあっさり汁麺。具にワンタンがのっています。ドライは、スープはなく、オイスターソースとにんにくや葱の香味油をベースにした、特製タレをからめて。日本の麺でいうならば、油そば、まぜそばによく似ています。

 どちらも美味ですが、マレーシアでワンタンミーといえば、麺のコシが楽しめる「ドライ」が主流! 「ワンタンミー」と言うと、自動的にドライを提供する店も多いのです。

ワンタンミー・ドライ。麺が熱いうちに、タレと麺をしっかり混ぜて食べる。具はチャーシューと青菜が基本で、小碗のワンタンスープ付き。シンプルな調理法がゆえに、ガツンとくる麺のおいしさがある。価格は4~6リンギット(100~150円)。
ワンタンミー・スープ。澄みきったスープに食べやすい細麺。食欲のないときでも、つるっと食べられて美味だが、マレーシアではマイナーな存在。価格は4~6リンギット(100~150円)。(写真提供:杉さん)
ワンタンミーの麺は、直径1.5ミリほどの細麺。口に入れると、つるっとした舌触りに加えて、むちっと跳ね返すような弾力がある。
乾麺でなく生麺を使用。麺のコシを保つために、ゆで時間は約20秒。ゆでたあとに冷たい水で一度シメ、その後また熱湯でさっと麺を温めてから提供。

※3ページ目に、クアラルンプールのチャイナタウンにある「冠記」のワンタンミーを動画でご紹介しています。

<次のページ> 大事な具はワンタンではなく……!?

2016.10.09(日)

文=古川音
撮影=古川音、三浦菜穂子

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ