今日の絶景

今日の絶景

「銀色の卵」がその殻に映し出すのは
奇妙にゆがんだシカゴの摩天楼の姿

Magnificent View #1098
クラウドゲート(アメリカ)

(C)Peter Christopher / Masterfile / amanaimages

 高層ビルが立ち並ぶシカゴの都心に突如現れる、奇妙な形をした巨大な物体。いったい、何のためにここにあるのか……。

 これは、2006年に完成したパブリックアート。高さ10メートル、幅20メートルもある作品はひとつの大きな塊のように見えるが、168枚のステンレス板をつなぎ合わせたものだ。

 鏡のような表面に映し出されているのは、シカゴの街並み。ゆがんで映る街の姿は、見る角度によって次々と変化する。

 この斬新な作品の作者は、彫刻家のアニッシュ・カプーア。莫大な製作資金はすべて寄付金で賄われ、さらに製作スケジュールは2年の歳月を要したという一大プロジェクトだ。

 完成後は街のシンボルに。地元では、豆のような外観から「シルバービーン」と呼ばれ親しまれている。

 

2016.10.02(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ