今日の絶景

今日の絶景

日除けつきの籐製デッキチェアは
ドイツの海水浴に欠かせない風物詩

Magnificent View #1078
ジルト島(ドイツ)

(C)F. Lukasseck / Masterfile / amanaimages

 ジルト島は、ドイツ最北にあるリゾートアイランド。北海に浮かぶ北フリジア諸島最大の島でもある。

 ドイツ本土とはヒンデンブルクダムと呼ばれる約11キロの道でつながり、その上には鉄道も走り、アクセスは至便。人口約2万人のここには、年間約60万人もの観光客が訪れている。

 島の西側には、40キロにもおよぶ美しいビーチが広がっている。砂浜の上に点々と見えるのは、ドイツ北部の海ではおなじみのシュトランドコルプと呼ばれる籘製の日除けつきデッキチェア。この中で読書をしたり、ドリンクを飲みながら海を眺めるのは至福の時間だ。

 この島は昔から富裕層の別荘が多く、ドイツの人にとっては、ここを訪れることがステイタスでもあるのだとか。街の物価も若干高めだが、落ち着いてバカンスを過ごすにはぴったりの場所のようだ。

2016.09.12(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ