男と女のマンガ道

男と女のマンガ道

殺しを、恋を、禁止したらどうなる!?
「○○してはいけない」がテーマのマンガ

今月のテーマ「○○してはいけない」

【MAN】
天才殺し屋にとっては「普通」が一番難しい

 裏社会でファブル(寓話、伝説)の通り名で知られる天才殺し屋は、ボスから1年間の休業を言い渡される。これまで仕事を請け負いすぎてしまったため、ほとぼりを冷ますと言う。専属ドライバー兼助手だった女と「佐藤兄妹」になり、東京から大阪へ引っ越して一般人として生活することに。休業中に課せられた唯一絶対のルールは──殺してはいけない。

 本人は普通の生活をしたいのに、その正体を知るヤクザ達がちょっかいを出してくる。裏社会にどっぷり浸かりすぎていたファブルは、常識を知らないがゆえの突飛な言動で、周囲に波風を立てる。そこにスリルが生まれ、ギャグが生まれる。登場人物達は真顔なのに読者は笑える、シリアスコメディの傑作だ。

 しかし、最新6巻で、天才がついに動き出す。人を殺すのではなく、人を救う。そんなこと、彼にできるのか? 実はこの漫画、ひとりの無垢な男の成長物語でもあるのだ。

『ザ・ファブル』(既刊6巻) 南 勝久

ダウンタウンの特番風に表現するならば、「絶対に殺してはいけない365日」。天才殺し屋ファブルが一般人の身分を詐称して、大阪で普通の生活に精を出す。時給800円で初バイトもする! このまま映画にできそうな、キレキレのカット割りにも注目。『ヤングマガジン』連載中。
講談社 565円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

<次のページ> 共通する気持ちは罪悪感……ホントにそれだけ?

2016.09.05(月)

文=吉田大助

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ