千葉雄大の素顔に迫る

千葉雄大の素顔に迫る

「ヌクメン」若手俳優の代表格!
千葉雄大のスーパーフラットな魅力

 ドライでもクールでもなく、スーパーフラット。“ヌクメン”千葉雄大は「普通」の尊さを知る、しなやかな男でした。

力まず腐らず淡々と。やるからには楽しんで

シャツ 22,000円/ディガウェル(ディガウェル2)、ベルト付きパンツ 21,000円/アンルート(アンルート 銀座)、タートルカットソー、靴下、靴/スタイリスト私物

 『黒崎くんの言いなりになんてならない』『モヒカン故郷に帰る』『殿、利息でござる!』と、今年は出演映画が目白押し。最新作『全員、片想い』では、頑ななヒロイン(清水富美加)の心を、穏やかな暮らしの中で優しくほどいていく従兄弟役を好演。その自然な癒し具合はさすがはヌクメン。説得力満載だった。

 「ありがとうございます。でも、ヌクメンって言葉、認知されてます? 『草食系』ほどは広まってないですよね(笑)」

 女性を温かく癒す男性=ヌクメン。代表格と言われている千葉さんだが、本人はそんな評価に対して「へえーって感じです」といたって冷静。

 学生時代、雑誌の読者モデルに誘われたのをきっかけにこの世界へ。俳優デビューをしてから6年目。出演作ごとに役の幅を広げ、まさに大活躍である。

 「そんなに持ち上げてくださらなくていいですよ。年末に『ネクストブレイクの俳優』と言っていただくこともあるのですが、翌年もその枠に入っていたり(笑)。仕事のスタンスは変わりませんが、もうちょっとこうしたいという欲が出てきたり、演技の選択肢は少し増えた気がしますね」

<次のページ> 主役でも脇役でもモチベーションは変わらない

2016.08.29(月)

Text=Tomoko Kurose
Photographs=Tetsuo Kashiwada
styling=Miyuki Sawada
Hair & Make-up=Naoki Hirayama

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年9月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ