今日の絶景

今日の絶景

ポケモン解放区としても話題沸騰中
鳥取砂丘は自然が生んだ巨大アート

Magnificent View #1063
鳥取砂丘(鳥取県)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 この見事な絶景は、10万年にもわたって砂が積もり、生まれたものだ。中国山地を源流に持つ千代川が日本海まで砂を運び、それらが海岸に打ち上げられてできたのが、この砂丘。その規模は、南北約2.4キロ、東西約16キロと、日本最大級を誇る。

 砂丘というと、ひたすら乾いた砂が積もっているようなイメージがあるが、景観は一様ではない。風が砂丘の上を吹き抜けることによって作り出される風紋や、スリバチと呼ばれる窪地など、自然が作り出す雄大な景観は、実にさまざまだ。

 また、雨が降ればスリバチの下に地下水が湧き出し、「オアシス」と呼ばれる期間限定の池も生まれる。

 鳥取砂丘の夏から秋にかけての風物詩といえば、砂丘の向こうに見える漁火だ。夕暮れ時になると、水平線にイカ釣り漁船の灯火がぼんやりと揺らぎ、辺りは幻想的な雰囲気に包まれる。

2016.08.28(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ