現地でしか食べられない! 魅惑の能登丼BEST6

現地でしか食べられない! 魅惑の能登丼BEST6

山海の幸がつまったボリューム満点丼
「猿鬼丼」の不思議な名前の由来は?

◆ 山海の幸がつまったボリューム満点丼
 セミナーハウス山びこの「猿鬼丼」

猿鬼丼 1,500円

 食事のほかに、そば打ちや果物収穫など体験プログラムも行っている宿泊施設。その昔、当地に海の幸、山の幸を食べて洞窟に住みついた猿鬼という化け物がいて、その猿鬼伝説にヒントを得て考案した丼を供する。山海の食材を味の濃い地鶏の卵とじにしたり天ぷらにすることで、滋味豊かな味わいに仕上げ、名物の手打ち山かけそばも付く。能登の味覚を余すところなく楽しみたい。

●素材はこれ!

猿鬼伝説にちなんで集められた食材。海の幸のエビ、イカ、山の幸の一本しめじ、たけのこ、山うどだけでなく能登牛も入っている。

セミナーハウス山びこ
所在地 石川県鳳珠郡能登町黒川33-61
電話番号 0768-76-1611
営業時間 11:00~14:00、17:00~19:00
定休日 無休
URL http://yamabiko.hp.gogo.jp/pc/index.html

夏の岩牡蠣、秋冬には蟹も!

左:珠洲産の岩牡蠣を甘辛の醬油だしで味付けした、民宿&お食事むろやの「天然岩ガキ丼」。
右:小木漁港産の紅ずわい蟹を1杯以上使った、焼肉・居酒屋 あさひの「かに丼あさひ風」。9月~6月まで提供。

 7、8月の夏しか食べることができない能登産の岩牡蠣は、身が大ぶりなのが特徴。また、秋冬には日本海の味覚・蟹も登場する。

民宿&お食事むろや
電話番号 0768-82-1188

焼肉・居酒屋 あさひ
電話番号 0768-62-3291

●今回、お話を伺ったのは……

金七聖子(きんしち せいこ)さん
松波酒造若女将。能登の振興を目指して結成された「奥能登ウェルカムプロジェクト 食彩紀行」のチームリーダーとして能登丼を考案。キャンペーンや講演などで各地を駆け回り、普及に努めている。

<この記事の掲載号>

CREA 2016年8月号

日本のいいとこ、いいもの、おいしいもの!
いまの47都道府県いいとこどり。

定価780円

2016.08.03(水)

Text=Mami Naoe
Photographs=Daisuke Yoshio

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年8月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ