現地でしか食べられない! 魅惑の能登丼BEST6

現地でしか食べられない! 魅惑の能登丼BEST6

ステーキとすき焼きが夢のコラボ!
輪島のお寺で味わう「能登牛贅沢丼」

◆ 近くで収穫された新鮮野菜もたっぷり!
 オープンカフェ木の音の「能登牛贅沢丼」

能登牛贅沢丼 2,500円

 棚田が広がる山間の集落、金蔵地区で古くから続く慶願寺のわたり廊下にあるお寺カフェ。能登の田舎風景を眺めながらいただく丼は、自家製山椒とニンニクを利かせたステーキと甘辛い味付けのすき焼きをメインに、近くで収穫された野菜もサラダや焼き野菜としてたっぷり付く贅沢さ。知り合いの工房に作ってもらったという特注の輪島塗の器がさらにおいしさを引き立てている。

●素材はこれ!

能登牛の肉の旨みに負けないぐらい味がしっかりとした能登の地野菜。夏は、赤紫のからし菜、ヤーコンやズッキーニなどを使う。

オープンカフェ木の音(こえ)
所在地 石川県輪島市町野町金蔵オ123 慶願寺内
電話番号 0768-32-0892
営業時間 10:00~16:30(L.O.)
定休日 水、木曜(祝日の場合は営業)
※丼は2名以上、2日前までに要予約。冬季は休業

●今回、お話を伺ったのは……

金七聖子(きんしち せいこ)さん
松波酒造若女将。能登の振興を目指して結成された「奥能登ウェルカムプロジェクト 食彩紀行」のチームリーダーとして能登丼を考案。キャンペーンや講演などで各地を駆け回り、普及に努めている。

<この記事の掲載号>

CREA 2016年8月号

日本のいいとこ、いいもの、おいしいもの!
いまの47都道府県いいとこどり。

定価780円

2016.07.26(火)

Text=Mami Naoe
Photographs=Daisuke Yoshio

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年8月号

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ