Magnificent View #1019
ヒンバ村(ナミビア)

(C)Nico Tondini / Masterfile / amanaimages

 世界で一番美しい民族と呼ばれているのが、ナミビア北西部のカオコランド地方に暮らすヒンバ族。彼らは電気もガスもない村の中で、牛糞を固めた家に住み、牛やヤギを飼い生活を営んでいる。

 女性たちのファッションは独特だ。着用している衣服は皮製の腰布のみ。髪と体には、赤石を削った粉や灰、牛脂などを混ぜた「オカ」を塗る。オカで固められた髪の先には羊毛で作った髪飾り、さらに手首や足首にもたくさんのブレスレットが。

 また、生涯にわたって入浴をする習慣がない彼女たちは、家の中で香木を炊きしめ、その煙を全身にまとう。ちなみに、オカは強い日差しや乾燥から肌を守るボディクリームでもあり、虫よけでもあるのだそう。

 全身を赤く塗りアクセサリーを多用するいでたちは、彼女たち民族の誇り。だが、観光客が訪れるようになった近年は、村にも現代文明の波が押し寄せ、そのライフスタイルも少しずつ変わりつつあるのだという。世界で最も美しいヒンバ族の文化が見られるのも、今のうちかもしれない。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2016.07.15(金)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!