今日の絶景

今日の絶景

木組みの家ばかりが立ち並ぶ街は
ドイツという国家が産声を上げた場所

Magnificent View #1015
クヴェードリンブルク(ドイツ)

(C)Miles Ertman / Masterfile / amanaimages

 どこを歩いても木組みの家だらけ。まるで中世にタイムトリップしたかのような風景が広がるのは、ドイツ北東部のクヴェードリンブルク。

 919年、当時の東フランク王国の国王となったハインリッヒ1世がここに居を構えたことが、ドイツ国家の始まりとなった。ハインリッヒの息子であるローマ帝国初代皇帝のオットー1世が城を帝国の宮殿として改築し、さらに街は発展。そんな歴史から、ここはドイツ発祥の地と言われている。

 人口約2万5000人の街に立つ木組みの家の数は、1300軒以上。石造りの家が見当たらないのは、かつて、国王が石造りの建造物を禁止していたためだのだとか。

 2度の世界大戦による被害を奇跡的に逃れ、中世の面影を濃厚に残す街並みは、世界遺産にも登録。「ロマネスク街道の秘都」と呼ばれ、人々に愛されている。

2016.07.11(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ