寛ぎの旅館か開放的なリゾートか 日本の夏の癒やし宿

寛ぎの旅館か開放的なリゾートか 日本の夏の癒やし宿

東京から船で25時間半の世界遺産
「母島ナンプー」のスイートに泊まる

 天然温泉に身を沈めれば四季のうつろいが体感できる旅館か、心を自由に解き放てば最高のバカンスが楽しめるリゾートホテルか。夏の旅計画は“和”と“洋”をうまく選択して大人の癒やしを体感したい。

世界遺産でゆったり楽しむ
新しい“離島母島”体験

◆ アイランドリゾート 母島ナンプー[東京都・小笠原村母島]

長期滞在に最適なツインからスイートまでを完備。

 動植物が独自の進化を遂げた世界遺産小笠原諸島は、休みを使い滞在すれば非日常的で新しい体験ができる。海は濃く深く透き通り、サンゴ礁や熱帯魚を楽しめ、山では小笠原にしか生息しない固有種の数々と出会える。

左:亜熱帯を思わせる植物が顔を覗かせる外観。
右:島の味覚が堪能できる系列のレストラン「アウストロ」。

 母島唯一のスイートルームを完備するアイランドリゾート母島ナンプーは、長期の滞在でもゆったりと快適なステイが堪能できる。

地元の食材を活かしたオリジナルメニューが人気。

 食事は小笠原産の食材を使った島ごはんが食べられるレストランで。予約すれば弁当も作ってくれる。地酒をベースにした島カクテルも人気。

● おすすめ情報
宿泊のお客様限定レンタル品3点セット(シュノーケル・マスク・フィン) 1,050円/お子様ライフジャケット無料

アイランドリゾート 母島ナンプー
(あいらんどりぞーと ははじまなんぷー)

所在地 東京都小笠原村母島字元地
フリーダイヤル 0120-188-887
アクセス 〈船〉東京・竹芝桟橋より、おがさわら丸で小笠原父島へ(25時間半)、ははじま丸に乗り換え、母島へ(2時間10分) 沖港より徒歩約10分
チェックイン・アウト IN 15:00/OUT 9:00
料金 1泊2食付き 13,500円~(サ込・税別)
URL http://www.hahajima-nanpu.com/

<この記事の掲載号>

CREA 2016年7月号

食べて遊んで、いい気持ち!
明日のためのハワイ

定価780円

2016.06.28(火)

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年7月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ