マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

マッキー牧元の「いい旅には必ずうまいものあり」

白アスパラガスのためだけに訪れる
札幌「ラ・サンテ」の230℃塩釜焼き

vol.10 札幌

都内で頼むのをぐっと我慢して、札幌に出かける

 6月の北海道は心地がいい。

 なんといっても梅雨がないのである。空気がカラッとしていて涼やかな風が時折、頬を撫でる。

 街を、森を歩くのに、なんといい季節だろう。だから、出来得ることなら6月は、避暑ならぬ避梅雨で北海道に旅をして、新緑に輝く山々と大地に触れることにしている。

 山奥ならまだ山菜も収穫できるが、この時期に食べたいのは、アスパラガスである。

熊笹と塩で包まれた白アスパラガス。

 5月から都内でも「白アスパラガス」の名前がメニューに載るが、頼むのをぐっと我慢して、札幌に出かける。

 めざすは、宮の森にあるフレンチレストラン「ラ・サンテ」。この店のスペシャリテ、「北海道産白アスパラガスの笹の塩釜焼き」を食べるのである。

小さな器に入れたクリームチーズとカブのムース上に、白アスパラガスの穂先が顔を出すアミューズ。

 アミューズは、小さな器に入れたクリームチーズとカブのムース上に、黒千石豆と十勝マッシュルームで作った、土に見立てた茶の粉がかけられている。

土から掘り出すように串でアスパラを取り出して食べる。

 そこへニョキッと白アスパラガスの穂先が顔を出す。土から掘り出すように串でアスパラを取り出して食べる。

 ああ、これから現れるアスパラへの期待が高まり、アスパラをいただく感謝が深くなる。粋な突き出しである。

ほのかな甘さ中に、苦味がかすかに現れて、食欲を刺激する白アスパラガスのスープ。

 続いてのスープも白アスパラガス。ほのかな甘さ中に、苦味がかすかに現れて、食欲を刺激する。

しなやかできめ細かい身がはらりと舌の上で崩れる「時鮭のスモーク」。

 さらには、脂が体全体にしっとりと回って、しなやかできめ細かい身がはらりと舌の上で崩れる「時鮭のスモーク」に顔をほころばす。

<次のページ> 穂先から根元までの味や食感の違いが明確にわかる

2016.06.16(木)

文・撮影=マッキー牧元

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ