今日の絶景

今日の絶景

スペインの古都に架かる水道橋は
紀元前に完成した古代ローマの遺産

Magnificent View #995
セゴビア水道橋(スペイン)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 古代ローマでは、都市に水を供給するために、多くの水道橋が建設された。ローマ水道橋と呼ばれるそれらは非常に精巧な造りで、古代の土木建設で最も素晴らしい技術といわれている。

 なかでも、原型に近い状態で保存されているのが、スペイン北部の古都セゴビアにある水道橋だ。紀元前1世紀頃、古代ローマ共和国による都市整備の一環で建設された。

 全長は728メートルと、スペイン最大規模。2万個以上の巨大な石を積み上げ、128もの美しいアーチで構成されている水道橋は、存在感もたっぷり。驚くことに、石はただ積まれているだけ。石同士で支え合い、絶妙なバランスを保っているのだ。

 約18キロ離れた川から水をセゴビアの街に運んでいたこの水道橋は、ローマ時代以降も使用されていた。だが、イスラム教徒により一部が破壊され、使用不可能に。その後、カスティーリャ王国の女王イサベル1世により修復され、1884年まで実際に使われていたという。

2016.06.21(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ