【夏の食材】大葉

 「しそ」は「紫蘇」と書くことからもわかるように、本来は赤じそのことです。緑のものを「大葉」や「青じそ」と呼びます。大葉独特の爽やかな香りに含まれる成分には殺菌作用があり、特に魚の解毒作用があるとされています。お刺身のつまに添えられていることからも納得ですね。

 野菜の中ではカロテン・カルシウムの含有量がトップクラスで、また鉄分も多く含むことから肌荒れの改善・骨粗鬆症予防、貧血の改善に効果があります。マクロビ的には血液の新陳代謝をよくすると考えられており、鉄分やカルシウムの働きと合わせてみると血液や骨など体の基礎となる部分を作るお助け食材とも言えます。また、漢方では不眠に良いと言われています。

 蒸し暑さで寝苦しい時期には、晩御飯に「しそ」を取り入れて快適な睡眠を、そして新陳代謝をアップさせて若々しい体作りをサポートしましょう。

◆「大葉」のマクロビレシピ

大葉のチヂミ

 血液の浄化を助ける海藻と、新陳代謝を促す大葉のダブル効果で血液美人を作るおすすめのメニュー。板海苔で磯の風味をだした、マクロビレシピを紹介します。

» レシピをみる

大葉のモヒート

 大葉を使ったモヒートレシピ。大葉とレモンの爽やかな香りと炭酸水でのど越しが良く、蒸し暑い今の季節にピッタリのドリンクです。

» レシピをみる

豆腐のすり流し 大葉の香り

 夏バテで食欲のないときにもおすすめのレシピ。大葉の香りが爽やかで喉越し良くいただける、豆腐を使った冷たいすり流しの作り方を紹介します。

» レシピをみる

<次のページ> 【夏の食材】きゅうり

2016.06.14(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平