ほっとできる“おふくろの味” 東京の家庭料理の店11選

ほっとできる“おふくろの味” 東京の家庭料理の店11選

ぐつぐつ煮込んだツナジャガが評判!
中目黒の食堂は理想のお惣菜天国

 おとなになって、高級なレストランに行くようになったし、おしゃれな料理もたくさん知っている。でも、ふとした瞬間に、母の手料理が恋しくなったりしませんか?

 カレー、生姜焼き、ハンバーグ、肉じゃが……。慣れ親しんだあの味に出合える、ほっとできる家庭料理のお店をご紹介。

» 第1回 食べだしたらとまらない「鶏の唐揚げ」
» 第2回 からだがほしがる「野菜」
» 第3回 やっぱり食べたい「魚」
» 第4回 おとなになっても好きな「カレー」
» 第5回 ふっと恋しくなる「生姜焼き」
» 第6回 ニッポンのうまい「洋食」
» 第7回 懐かしの「卵焼き」
» 第8回 ときどき食べたい「ハンバーグ」
» 第9回 ほっこりやすらぐ「汁もの」
» 第11回 結局おいしい「ごはん」

【おふくろの味】
#10 煮物

 ぐつぐつ、ことこと、じっくり煮込まれたその匂いはどこか郷愁を誘う。茶色っぽい見た目にもほっとして。都会にいながらやすらげるお店では、お惣菜も充実。ヘルシーなものも多い。お酒も合わせて楽しみたい。

気分で選べるお惣菜。ちょっと飲みたい日にも

◆ 食堂KIRARA[中目黒]

満足感があってヘルシーなツナジャガ。

 日替りのメニューから「ご飯+スープ+選べるおかず(4種)+メインのおかず」を自分流に組み合わせる定食のイメージが強いが、「ちょっと飲みたい」という気分に最適な「惣菜8品プレート」もぜひお試しを。

左:夜定食。ツナジャガ、 赤やさいのタイ風マリネ、ゴボウとベーコン クレソンのマリネ、グリーンサラダのアンチョビマヨネーズ、さばの西京みそ焼き、お豆腐の味噌汁。
右:店長で栄養士の昆まどかさん。「たっぷりの旬の野菜を味わって」

 人気のツナジャガなど、日替りの惣菜をおつまみ感覚で楽しめる。1つのおかずに2~3種類の野菜が使われているヘルシーさも魅力。

夜と土曜日限定の惣菜8品プレート 1,030円。

食堂KIRARA
所在地 目黒区上目黒3-8-3-4F
電話番号 03-3713-6554
営業時間 12:00~15:20、18:00~21:30
定休日 日曜、祝日
席数 22
料金 昼定食 1,030円(土曜は1,250円)、夜定食 1,250円
※カード利用不可、予約が望ましい

<この記事の掲載号>

CREA 2016年6月号

がんばりたくない人のための
だらだらリラックスのすすめ。

定価780円

2016.06.02(木)

文=秋山由佳里
撮影=松園多聞

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年6月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ