新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

人形町に料理1,500円均一のビストロ登場
高級食材、贅沢な味でボリュームたっぷり

前菜も魚も肉もすべて1,500円!

 人形町といえば、この何年かで急激に美食の町へと変化した場所。しかも台頭しているのは「和」ではなく「洋」。そしてまた一軒、「こんなに安くていいの?」と衝撃をうける、本格フレンチがオープンしました。

「若姫牛サーロインステーキ」は200グラム 1,500円。

 お店の名前は「シェ大竹」。シェフの大竹さんは、昔、銀座で「トゥソル」という小ぢんまりしたフレンチをやっていて、今、その場所は、ステーキの「かわむら」になっています。その後、渡仏したり、西麻布の名店「ビストロドラシテ」でシェフを務めたりしていましたが、この春、ここをオープン。

 カウンター中心(といっても6席ほど)で、ほかに小さなテーブルと、個室が一つ。内装は、シンプル……、いや正直言うと、飾り気がなく殺風景です(笑)。

 お勧めはもちろんカウンター。席に着けば、シェフがにこやかにメニューを渡してくれます。

 とりあえずシャンパーニュでもと尋ねると、きちんとしたシャンパーニュが大きなグラスに。これは格安!

たっぷりなシャンパンと、これまたたっぷりなバゲット。

 さて料理です。

 メニューを開くと、「本日のアラカルト」と書かれたページがあって、10種類ほどの料理名が並んでいました。野菜を使った前菜もあれば、羊や牛などの肉料理も。一列に並んだいちばん上には1,500円とあります。

 当然、わたしは、1,500円からだと思って眺めていました。そして、次のページにまだ料理があるのかなとめくってみた。そうしたら、なんと、料理はこの1ページで完結されていました。もう一度見直すと、10品の構成は、前菜5品、魚料理1品、肉料理4品というところ。

 事前に予約しておくコースがあったのかしらなんて思いながら、ちょっぴり不思議な気持ちで尋ねてみたら、料理はここにある10品がすべて。さらには、書かれた料理は、前菜でもメインでも、全て1,500円ですよとのお言葉が(正確に言えば、ほかにもう一つだけ、Tボーンステーキ(1kg)4,500円というのがある)。

 そして、「どの皿も、かなりボリュームがあります。ひとり2皿で充分です」というのです。

 ふと横の席を見れば、ものすごく大きなお皿にのったかなりの量のトマトが目に入りました。きっとあれはメニューにある「アメーラトマトのサラダ」。確かにすごい量……。

 悩んだ末に、「フランス産白アスパラのソテー」と、「仔羊のロースト」を注文。一緒にいた人は「蛤とキャビアの冷製」と「若姫牛のサーロインステーキ(200g)」をチョイス。若姫牛とはメキシコの赤身中心の牛なのだとか。

<次のページ> 2皿で完結する潔さがかえって新鮮で、心地いい

2016.06.06(月)

文・撮影=浅妻千映子

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ