“何もしない”ために行く 日本の贅沢宿6選

“何もしない”ために行く 日本の贅沢宿6選

これぞ極めつきの秘湯らしい秘湯!
「法師温泉 長寿館」で長湯を愉しむ

◆ 法師温泉 長寿館[群馬県]

ぬるめの源泉に浸かって体も心も緩める

「法師乃湯」は基本的に混浴で、20:00~22:00は女性のみに。ほかに2つの浴場があり、時間制で男女入れ替え。

 こちらは創業140年の歴史ある秘湯。本館、別館、「法師乃湯」が国の登録有形文化財に指定されている。特に、建築されてから100年以上たつという大浴場「法師乃湯」は、純度100%の温泉が浴槽の底に敷きつめた玉石の間からポコポコと湧き出す別世界の雰囲気。

上越新幹線の上毛高原駅からバスを乗り継ぎ1時間。「日本秘湯を守る会」にも登録されている。

 お風呂上がりに囲炉裏を囲んでおしゃべりすれば、「時間の流れがゆっくり感じられる」という人も多い、まさに和みの宿だ。

火鉢の鉄瓶がしゅんしゅんと沸く、パブリックスペース。集いの場として楽しみたい。

「温泉の温度が低めなので、長時間入っていられます。芯から温まって体が緩んだら、鳥のさえずりを聞きながら部屋でごろ寝。それだけでいい宿です」(岩佐さん)

最も古い本館の客室はさすがの趣深さ。こちらは部屋にトイレなし。ほかに法師川沿いにある別館と薫山荘もある。

● ここがいい!
・秘湯らしい秘湯
・長湯できて体がポカポカに

法師温泉 長寿館
所在地 群馬県利根郡みなかみ町永井650
電話番号 0278-66-0005
料金 1室2名利用(1泊2食付)1名料金 16,200円~(税・サービス料込、入湯税別)
部屋数 33室
URL http://www.hoshi-onsen.com/

●今回お話を伺ったのは……

岩佐十良(いわさ とおる)さん
『自遊人』編集長。東京都生まれ。新潟県南魚沼市在住。編集者、クリエイティブディレクター、株式会社自遊人代表取締役。温泉や食の記事に定評がある雑誌『自遊人』編集長として活動し、話題の宿、「里山十帖」のオーナーでもある。

<この記事の掲載号>

CREA 2016年6月号

がんばりたくない人のための
だらだらリラックスのすすめ。

定価780円

2016.05.25(水)

text=Mei Hojo

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2016年6月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ