今日の絶景

今日の絶景

アルハンブラ宮殿でぜひ体感したい
スペインで花開いたイスラム文化の粋

Magnificent View #963
アルハンブラ宮殿(スペイン)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スペイン南部のアンダルシア地方は、8世紀からおよそ800年にもわたってイスラム教徒に支配されたエリア。その文化の影響を強く受けた街並みは、ヨーロッパにありながら、エキゾチックな薫りに満ちている。

 そんなアンダルシアの中でも、イスラム文化の象徴といえるのが、グラナダにあるアルハンブラ宮殿だ。イベリア半島におけるイスラム朝最後の砦として築かれた建物で、1492年、この宮殿の陥落とともに、キリスト教徒による国土回復運動、レコンキスタが終結した。

 宮殿と名が付いているが、広大な敷地内には、王の住まいである王宮のほか、王の別荘、軍事施設や官庁、学校、浴場などさまざまな施設が備えられている。

 精緻な透かし彫りが施された柱や、アラベスク紋様で埋め尽くされた壁、水をふんだんに使った庭園など、この地に花開いたイスラムの文化を感じさせる美しいこの宮殿。落城の際、王朝最後の君主であるボアブディルは、この宮殿を振り返り涙したとも言われている。

2016.05.20(金)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ