男と女のマンガ道

男と女のマンガ道

触らない、触れないからこその「純愛」
プラトニック・ラブを描いた2作のマンガ

今月のテーマ「プラトニック・ラブ」

【MAN】
最大のからかいは、時おり真顔で「好き」と言うこと

 消しゴムの貸し借り、怖い先生の授業中に変顔、相合い傘、教科書に挟んだラブレター、背中ではなく顔を向かい合わせての背比べ……。中学2年生の西片くんが、隣の席の美少女・高木さんにからかわれる。“ただそれだけ”を描いた漫画がこんなにも胸ときめかされるのは何事か!

 小悪魔な高木さんからの「好き」のシグナルは、第三者から見れば明白なのだ。でも、西片くんは分かってない。からかわれていると疑って、もやもやぐるぐるのモノローグを繰り広げる。

 最大のときめきポイントは、接触がないことだ。1巻では2コマ、2巻も2コマ、3巻では7コマ。高木さんは手数たっぷりにちょっかいを出すのに、西片くんを触る場面はそれしかない。西片くんから高木さんにいたっては、最新3巻に1カ所あるのみだ。恋人同士じゃないから、「触らない」が普通だからこそ、「触る」がときめく。敏感になる。プラトニックって、むっつりどエロい。

『からかい上手の高木さん』(既刊1~3巻) 山本崇一朗

「冗談を言ったりいたずらをしたりして、相手を困らせたり、怒らせたりして楽しむ。揶揄する」(大辞林「からかう」の第1項)。中学2年生の高木さんは、隣の席の西片くんをからかっては「プクク」と笑う。授業中に、放課後に、夏休みに……。「ゲッサンminiプラス」他で連載中。
小学館 552円
» この書籍を購入する(Amazonへリンク)

<次のページ> 最後の1人になってしまう女の子

2016.05.05(木)

文=吉田大助

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ