河井真奈の「私が今、買いたいもの」

河井真奈の「私が今、買いたいもの」

“着られる”ことでオーラを放つ
マディソンブルーのマキシ丈スカート

ヴィンテージ加工がこなれ感を醸し出すシャンブレーは、マディソンブルーの定番素材。腰まわりに適度なフィット感があるため、美しいハイウエストのシルエットがかないます。スカート 42,000円(税抜)

 ブランド立ち上がりの時からお誘い頂いていたにもかかわらず、伺えていなかったマディソンブルー。ベーシック路線のカジュアルスタイルと聞いて、私にはあまりご縁がないかもと思い込んでいたのもありますが、そうこうしているうちに人気が沸騰! 今やハズせない注目ブランドということで、ついに2016年春夏の展示会にお邪魔することになったのですが……あら? とても素敵! 思いがけず、すっかり虜になってしまいました(笑)。

歩いた時の裾の広がり方がとにかくキレイ。華やかなボリューム感の秘密は、フロントにもバックにも継ぎ目を入れず、それぞれ1枚仕立てになっていることだそう。スカート 42,000円(税抜)

 自分では珍しいマキシ丈のスカートをどうしても一点に絞りきれず、色・素材違いで2枚オーダー。このスカート、正面から見ると本当に素っ気ないほどシンプルなデザインなのに、実際にはくと、歩くたびに裾がふわっと翻ってとても華やかなムードを振りまいてくれます。腰まわりの適度なフィット感やボリューミーに広がる裾。また裾は折り返しの幅も大胆なほど太く、それがほどよい落ち感のポイントにもなっているよう。計算されたディテールのひとつひとつが、シンプルさに個性をプラスしているんですね。

バックサテンをヴィンテージ加工した素材は、やや厚手でラフなテクスチャーが旬のミリタリーを演出。ネイビーなら清潔感もキープできるので大人向きです。スカート 45,000円(税抜)

 大人になると“からだで服を着る”のが難しくなる分、それ一枚でサマになるフォトジェニックなものを選びがちですよね。現役スタイリストでもある中山まりこさんが生み出すマディソンブルーは、限りなくシンプルな素材とオーソドックスなスタイルだけど、からだを入れることで服が雄弁に語り出すんです。

 着る人と一体になってこそオーラが醸し出される服って、成熟した魅力があると思いませんか? そのあたりに、時代の雰囲気でもある“頑張りすぎないモード感”も漂っている気がします。

【お問い合わせ先】
マディソンブルー ヘッドストア

電話番号 03-5724-3339
URL http://madisonblue.net/

河井真奈 (かわい まな)
女性誌から広告、アドバイザー、商品開発まで多方面で活躍中のスタイリスト。女らしくエレガントな大人スタイルが得意。著書『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋刊)、『服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(立東舎刊)も好評発売中。

2016.04.28(木)

文=村上治子

同じテーマの記事

もっと見る

FASHION} 新着記事

もっと見る

SPECIAL おすすめページ

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ