今日の絶景

今日の絶景

45度傾いた家ばかりを連ねたような
ロッテルダムの不思議な集合住宅

Magnificent View #947
キュービックハウス(オランダ)

(C)Allan Baxter / Masterfile / amanaimages

 キュービックハウスと呼ばれるのは、ヨーロッパ最大の港を有する工業都市、オランダのロッテルダムに立つ集合住宅。45度に傾いた40軒の住宅をつなぎ合わせたようなユニークな形が目をひく。

 設計は建築家のピエト・ブロム。一本の木のような家が集まり森を形作るイメージで造られたという。

 1984年築の建物は今も集合住宅として使用され、一軒のみ内部が一般公開されている。気になる室内は、サイコロ型の建物の中で暮らすための工夫がされ、案外と快適なのだとか。ユースホステルとして使われている棟もあるので、機会があれば宿泊してみるのもいいかもしれない。

 今でこそ近代的な都市としての姿を見せるロッテルダムだが、第二次世界大戦中は、ドイツ軍の爆撃を受け、壊滅状態に。戦後の復興計画で思いきった近代化の道を選んだため、街中には斬新な建物が多く建てられるようになった。

 その象徴とも言えるのが、このキュービックハウス。現役の住宅ながら、現在は人気の観光スポットにもなっている。

2016.05.04(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ