今日の絶景

今日の絶景

古代エジプトに実在した知の殿堂を
見事に現代へと蘇らせた巨大図書館

Magnificent View #944
新アレクサンドリア図書館(エジプト)

(C)Darryl Leniuk / Masterfile / amanaimages

 紀元前300年頃、エジプトのアレクサンドリアには、プトレマイオス朝の王によって建てられた巨大な図書館があった。

 あらゆる手段で世界中の文献を収集し、世界の知識の中心とも讃えられていたこの図書館は、その後、火災や略奪などにより消滅。それから2300年以上経った2002年、古代の輝きを取り戻そうと誕生したのが、新アレクサンドリア図書館だ。

 かつて図書館があったとされる場所に造られた建物は11階建てで、外壁には世界各国の文字が刻まれている。ガラスとアルミニウムで構成された屋根や北向きの窓からは、たっぷりと自然光が降り注ぐ設計だ。

 スケールも壮大で、閲覧室は世界最大級。エジプトの文化遺産を体感できるマルチメディアや、他の図書館にアクセスできるコンピューターなど、最新鋭のシステムも導入されている。

 ご覧のようにプールも併設され、古代のものに劣らぬ豪華な装いのこの図書館。学術と博識の中心地だった過去の栄光を、みごとに蘇らせている。

2016.05.01(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ