今日の絶景

今日の絶景

スリランカ最後の王都の人工湖に
人々の祈りの声が今日も響き渡る

Magnificent View #941
キャンディ湖(スリランカ)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スリランカ中部、高原地帯の盆地にある都市キャンディは、シンハラ王朝最後の都が置かれた場所。街中にたたずむこの湖は、美しい自然にすっかり溶け込んでいるが、約200年前にできた人工湖だ。

 湖を造ったのは、王朝最後の王であるスリー・ウィクラマ・ラジャシンハ。19世紀初めに12年の歳月をかけて造られた。当時は、湖に浮かぶ人工島と街はトンネルでつながれ、島にはハーレムまであったという。

 人工湖とはいえ、造成から時を経た今は、野生動物の宝庫に。体長1メートルものオオミズトカゲを見つけることもある。

 畔に釈迦の歯を祀る有名な寺院、仏歯寺も立つここは、スリランカの人々にとって神聖な場所。夕暮れどきには、山並みを映す穏やかな湖面に礼拝の声が響き渡り、神秘的な風景を見せている。

2016.04.28(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ