新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

代々木八幡のブーランジュリ「365日」
ファン待望のカフェ「15℃」をオープン!

朝から幸せ気分のパーフェクト・ブレックファスト

 空前のパンブームとなった昨今、常に話題を集めてきた、代々木八幡の「365日」というブーランジュリ。

 そのオーナシェフである杉窪章匡さんが、2016年3月9日にカフェをオープンしました。店名は「15℃」。さて、一体どんな意味なのでしょう?

 店は、その365日から徒歩30歩の近さ。ガラス張りの店内は光が差し込んでいい雰囲気。引き戸を開けるとおいしい匂いが漂います。

カウンター8席、テーブル席12席のこぢんまりとした店内。

 メニューは、朝、昼、夜で変わります。まずは、7時~11時に提供される朝食。

 以前、365日のカウンターで提供されていた朝食メニューが移行し、バージョンアップ!

 一番人気のメニュー「365日」(1,050円)は、トーストかごはんが選べますが、やはりここはトーストで。あえてバターは付きません。

 目玉焼きやスモークサーモン、サラダをおかずにごはん感覚でいただけるし、季節野菜のポタージュ(この日はキャベツ)にディップしてもいい。というか、パン自体がリッチな風味だからバターは不要なんですね。

 ほかに、「さかな」(1,250円)、「おにぎり」(900円)、「クロックマダム」(1,000円)、「グラノーラ(ドリンク無し)」700円があり、パン食にはコーヒー(アメリカーノ)、ごはんの場合はほうじ茶が付きます。

一番人気のメニュー「365日」。「北海道」「福岡」「365日」の3種の食パンは、三者三様の味わいが楽しめて、パン好きにはたまらない。「福岡」を2枚にしてほしい、なんていうリクエストもOK。

 11時~19時には、注文を受けてから作るサンドイッチやハンバーガーをラインナップ。なかでも、店名を冠した「15℃バーガー」(1,490円)は、押さえておきたい一品。

 パテにチリビーンズ、チェダーチーズ、ハラペーニョ、そしてヨーグルトソースがバランスよくまとまり、杉窪流のバンズにマッチ。

 「ジャンクフード的に食べてほしくないんです」と杉窪氏。

ガッツリだけがハンバーガーの魅力じゃないことを教えてくれる「15℃バーガー」。

 「フレンチフライ」(300円)には、ケチャップじゃなく自家製のトマトソースを添えて。使用しているすべての野菜は、契約農家から直に仕入れるオーガニックや無農薬、最低でも減農薬のもの。

 さらに、ソースやハム、ベーコン、パテなど、すべての素材はここで作られているんです。なんと、ヨーグルトも!

 実は、15℃は調理場を中心に、冷凍冷蔵庫、コールドルーム、食材の下処理の部屋もあり、一流レストラン並みの厨房施設が備わっています。

 その広さはダイニングの約2倍! 杉窪氏のラボともなっているわけです。

「とんかつサンド」(850円)のサイドで頼んだ「グリーンサラダ」(350円)もオーガニック。

 ランチのサンドイッチやハンバーガーはテイクアウトも可能なので、代々木公園に持って行ってピクニックなんていうのもいいかもね♪

<次のページ> パンだけじゃなく、コーヒーにもこだわりが

2016.04.20(水)

文・撮影=Keiko Spice

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ